船橋市,整形外科,習志野市/習志野台整形外科内科/高根木戸,内科,ヘルニア,ブロック注射

習志野台整形外科内科

HOME

診療案内

施設・設備案内

医師紹介

初診の方へ

アクセス

問い合わせ

当院の待ち状況確認

 

求人募集

 

Gallery

 

休診情報

 

メディア等の紹介

 

Team医療3.0

 

HOME»  iPadを用いた取り組み

iPadを用いた取り組み

当院をご利用頂く皆様の為、より身近で便利なクリニックとなるよう、
色々な取組みを行っていきたいと思っております。

 

iPadを用いた取組み

当院では、iPadを用いた以下の取り組みを行っております (平成22年10月10日 現在)

1)出来るだけ判り易い説明を行います。

 限られた診察時間内で、なかなかゆっくりとお話する事が出来ず申し訳ありません。
 もっと上手に病気の事や薬の事などを説明出来ればいいのにと常々考えておりました。
 そこで、まだ一部ですが、iPadで病気の事・治療方法・薬の飲み方や使い方を絵や動画を使って説明しております。
 動画などは3Dを使った判り易い説明が出来るのではと思っております。
 今後も出来るだけ判り易いを心がけたいと思っております。


2)レントゲン写真を院内のどこででもお見みせ出来る様になりました。

 今までは診察室とリハビリ室の一部でのみレントゲンをお見せ出来ませんでした。
 (PACS:DICOMビューワー)
 今回のOsiriXとiPadの組み合わせで、理学療法士がPT室でレントゲンを確認しながらリハビリが出来たり、
 透視室や処置室でもリアルタイムにレントゲン画像を確認する事が出来ます。
 「私のレントゲンどうだった?」気楽にお声をおかけ下さい。時間の許す限り説明致します。

 ※OsiriXのMedacta®人工骨頭のテンプレート(Hip Arthroplasty Templating Plugin)に不具合があり作動しません。
  現在、OsiriX本社問い合わせと、newton-graphics社にてバグフィックスして頂いております。
  プラグインが動作しない場合、(こちら)をご利用下さい。


3)iPadを使った問診票を行っております。

 今まで手書きの問診票のみを採用しておりました。
 問診票に書いて頂いた情報には全て目を通しながら診察を行っておるつもりですが、
 手書きで書いて頂いた問診票は電子カルテに転記せねばなりません。
 情報を沢山書いて頂ければ頂く程、転記すべき内容が増え診察時間を圧迫します。
 折角書いて頂いた情報を余す所無くカルテへ自動で転記し、少しでも長い診察時間の確保と転記ミスをなくす事で、
 診療に役立てたいと思っております。
 勿論、今まで通りの紙の問診票も継続致しますので、パソコンや機械に触るのが苦手な方にも安心で、
 判らない事はスタッフがお手伝い致します。

 

iPadを用いた取組み

 

iPadを用いた取組み

 

4)待ち時間中、iPadをお貸し出し致します。

 
 長い時間お待たせしてる現状です。少しでも快適に待ち時間をお過ごし頂けるよう。
 雑誌やテレビに加えiPadのお貸し出しを致します。
 Wi-Fiに接続しておりますので、高速でインターネットでのニュースや天気予報。
 新聞や各種の雑誌・絵画などをご覧頂けます。
 また、たまにはゲームなどお1人でも、一緒に来られた方と複数でされてみるのも如何でしょう。