船橋市,整形外科,習志野市/習志野台整形外科内科/高根木戸,内科,ヘルニア,ブロック注射

習志野台整形外科内科

HOME

診療案内

施設・設備案内

医師紹介

初診の方へ

アクセス

問い合わせ

当院の待ち状況確認

 

求人募集

 

Gallery

 

休診情報

 

メディア等の紹介

 

Team医療3.0

 

HOME»  神経根ブロックについて

神経根ブロックについて

 

神経根ブロック(ルートブロック)って?

神経根ブロックには、大きく分けて2つの意味があると思います。
ひとつは、先ほど話した、炎症を止める目的。
痛んで炎症を起こしている神経に直接針を刺すので、硬膜外ブロック注射と比べても炎症を抑える効果は高いと言えます。
更に、硬膜外ブロック注射は炎症を抑える薬を拡散する形で注入しますので、ヘルニアが大きかったり、炎症が強く癒着している場合などは、肝心な所に薬が入らない(届かない)可能性があります。
効果がある人と無い人が当然出てくる訳です。
これに対し神経根ブロックは炎症を起こしているであろう神経その中に薬を注入するので、より高い消炎効果が得られます。
ただし、出来るだけ神経に直接当てないような努力はしますが、それでも痛いです。多少の覚悟は必要でしょう。
もうひとつの効果は、選択的ブロックであることです。
手術の際にこの神経で良いのか?を決める判断材料となり得ます。
局所麻酔により、施行後、一時的に下肢の麻痺が出ますが、炎症を起こしている神経をブロックすることで、一時的に痛みが止まるはずです。

これが、神経に針を刺した瞬間の痛みの部位が合っているか?
「再現性」と麻酔薬を注入により症状の改善が得られるか?
「有効性」を見ることで、どの場所の手術をすれば良いか決定出来る可能性がある検査法も兼ねています。
もしも痛みの部位が違えば、そのヘルニアは現在症状を出していないと考えられます。
MRIにて複数箇所のヘルニアがあるような場合でもどこが悪いのか検討することが出来ます。
ヘルニアが一ヵ所しか無いこと。痛みの場所が、正常な神経部位と一致すること。神経根ブッロクまでを考慮しなくても痛みのコントロールが出来ること。
であれば、神経根ブロックは絶対必要ではありません。

 

神経根ブロック(ルートブロック)って?

 

神経根ブロック(ルートブロック)って?

 

トリガーポイント注射とは?

圧痛点、つまりは押して痛い部分への注射です。
圧痛点とは、神経の周囲や筋肉などの軟部組織の炎症を起こしている場所であったり、
筋肉の緊張性が高い部位で、「ツボ」の様な場所です。
たいていの四肢に痛みのある方はこの圧痛点が存在し、
この圧痛点が痛みの症状の原因となっている場合に有効な注射方法です。
神経ブロックと同様に痛みの悪循環を起こしている場合など効果的です。
筋筋膜の炎症や、線維筋痛症の方にも効果的です。
その他の注射には?
椎間板に対する造影と共に、ブロックする注射や腱鞘炎に対する腱鞘内注射などもあります。
当院では、27G~24G程度の細い針を使用し、出来るだけ痛みの少ない注射を心がけており、
積極的な除痛に力を入れています。
内服やリハビリテーションだけで痛みが取れずお困りの方はご相談下さい。