船橋市,整形外科,習志野市/習志野台整形外科内科/高根木戸,内科,ヘルニア,ブロック注射

習志野台整形外科内科

HOME

診療案内

施設・設備案内

医師紹介

初診の方へ

アクセス

問い合わせ

当院の待ち状況確認

 

求人募集

 

Gallery

 

休診情報

 

メディア等の紹介

 

Team医療3.0

 

HOME»  腰のブロック注射の種類

腰のブロック注射の種類

 

腰のブロック注射にはどんな種類があるの?

腰のブロック注射には大きく3つに分けて考えると考えやすいです。

まず1つ目は、痛い部分または炎症が起きているであろう部分へ行う注射で、「局注」、「トリガーポイント注射」や「傍脊柱筋ブロック」などです。
筋肉や筋膜その部分の炎症を抑える目的があり、押して痛い部分や動かして痛い部分がはっきり判る時に、効果的です。

そして、選択的ブロック注射と非選択的ブロック注射の2つです。
選択的ブロック注射とは、炎症や痛みの原因となっているであろう部分に注射を行う方法で、「椎間関節ブロック」、「椎間板ブロック(造影)」、「仙腸関節ブロック」「坐骨神経ブロック」「神経根ブロック」などがあります。
関節部分や神経部分など限局した部分のみを選択的にブロックする方法です。
メリットには、ブロック後、痛みや症状が消失した場合は、その部分が症状の原因となっていると判ることが出来る、つまり診断的価値があることです。
逆に、症状の原因となっていない場合は、痛い注射をした割に痛みは軽減しません。

これに対し、非選択的ブロック注射には、「硬膜外ブロック」、「仙骨裂孔ブロック」などがあり、脊柱管内のスペースに薬を入れ全体的に広げ作用させる注射です。
メリットは広範囲をカバーしますので、痛みの原因が椎間板部分であれ神経根部分であれ効果はありますが、ブロックが効いたとしてもその原因部分の特定は出来ません。