船橋市,整形外科,習志野市/習志野台整形外科内科/高根木戸,内科,ヘルニア,ブロック注射

習志野台整形外科内科

HOME

診療案内

施設・設備案内

医師紹介

初診の方へ

アクセス

問い合わせ

当院の待ち状況確認

 

求人募集

 

Gallery

 

休診情報

 

メディア等の紹介

 

Team医療3.0

 

HOME»  ブロック注射って?

ブロック注射って?

 

ブロック注射って?

注射とは、身体に針を刺し、薬剤を注入する行為ですが、その方法や刺す部位は様々です。
一般によく目にする腕に行う静脈注射以外にも、血圧を直接計ったり血液中の酸素量を計る目的の動脈注射や、高カロリーや早く大量な注射を目的とした中心静脈注射や緊急時には直接心臓への注射や骨に直接注射したりもします。

そんな注射の中にブロック注射というものがあります。
血管の中に入れる注射とは異なり、神経や神経周囲に注射する神経ブロック注射、軟部組織や筋肉などの痛みのある部分に行う局所注射やトリガーポイント注射、膝や脊椎の椎間関節などの関節内に注射する関節内注射などがあります。

 

関節内注射とは?

関節とは、骨と骨のつなぎ目の部分で、レントゲンでは、骨しか見えませんが、それ以外に軟骨や滑膜と関節の袋である関節包に覆われています。
この関節包の中、関節腔へ注射するのが、関節内注射です。
適応・メリットは、関節炎や変形性関節症などで、関節包内に痛みの原因がある時に効果があります。
逆に関節包外の筋肉や神経の場合はほとんど効果がありません。
変形性関節症の方でも痛みの原因が、関節包の付着部炎や鵞足部炎、膝窩筋腱やその他筋肉が痛い方もおられますので、関節内注射で痛みが取れるかを見る診断的な役割もします。
腰や仙腸関節など関節腔の極端にない関節の場合は痛みの誘発テストになることもあります。
麻酔薬の代わりに造影剤を入れる関節造影検査も手技は同様です。
デメリットは、痛みの原因が関節外の場合、効果がない事と感染です。
自身では感染の経験はありませんが、勤務医時代はまれに紹介されて入院や手術を経験していますので、注意すべき副作用です。

 

関節内注射とは?

  関節内注射とは?

 

神経ブロックとは?

神経ブロックとは、神経そのものや神経周囲へ注射を行う事です。
腰椎椎間板ヘルニアの神経根ブロックや、首の交感神経ブロックである星状神経節ブロック、
頚椎や腰椎の硬膜外ブロック、手根管症候群に対する正中神経ブロックなどがあります。
神経ブロックの注射により痛みを抑えたり、血流のめぐりを良くして、
神経などのダメージを受けているところの治癒力を高めることが出来ると言われています。
使用する薬剤は局所麻酔薬ですので、麻酔としての効果は5~20分程度です。
それ以上持続する効果はブロック自体の効果と考えられます。
デメリットとしては、神経そのものへの損傷や血腫などによる神経圧迫などです。

 

トリガーポイント注射とは?

圧痛点、つまりは押して痛い部分への注射です。
圧痛点とは、神経の周囲や筋肉などの軟部組織の炎症を起こしている場所であったり、
筋肉の緊張性が高い部位で「ツボ」の様な場所です。
たいていの四肢に痛みのある方はこの圧痛点が存在し、
この圧痛点が痛みの症状の原因となっている場合に有効な注射方法です。
神経ブロックと同様に痛みの悪循環を起こしている場合など効果的です。
筋筋膜の炎症や、線維筋痛症の方にも効果的です。

 

その他の注射には?

椎間板に対する造影と共に、ブロックする注射や腱鞘炎に対する腱鞘内注射などもあります。
当院では、27G~24G程度の細い針を使用し、出来るだけ痛みの少ない注射を心がけており、
積極的な除痛に力を入れています。
内服やリハビリテーションだけで痛みが取れずお困りの方はご相談下さい。