船橋市,整形外科,習志野市/習志野台整形外科内科/高根木戸,内科,ヘルニア,ブロック注射

習志野台整形外科内科

HOME

診療案内

施設・設備案内

医師紹介

初診の方へ

アクセス

問い合わせ

当院の待ち状況確認

 

求人募集

 

Gallery

 

休診情報

 

メディア等の紹介

 

Team医療3.0

 

HOME»  腰部脊柱管狭窄症の治療

腰部脊柱管狭窄症の治療

 

腰部脊柱管狭窄症の治療について

腰部脊柱管狭窄症の患者様の約70%は保存的加療でよくなると言われています。
保存療法には腰椎椎間板ヘルニアと同様に薬物療法やブロック療法などがありますが、
神経の圧迫だけでなく、神経周囲の血流障害で症状が出ますので、
血管を広げ血流量を増やす薬剤を使用したりします。
その他に腰部の安静や前屈位の保持を目的に装具を装着したり、
物理療法や運動療法などのリハビリテーションも有効です。
このような保存療法が無効な方や、症状の強い場合は手術療法を選択する必要があります。